プラセンタの美白効果とは

胎盤から有効成分を抽出したプラセンタは、新陳代謝を活発にする、自然治癒力を高めるといった優れた効能を持っています。
メラニン色素の生成に関わるチシロナーゼという物質の働きを抑制する働きがあります。
また、抗炎症作用や活性酸素除去作用もあり、これにより新たにメラニン色素が生成されるのを防ぐことができます。
同時に、メラニン色素により皮膚が黒くくすむのも防いでくれます。
新陳代謝の衰えからシミやくすみとなっていた肌も、プラセンタが新陳代謝を促進し、色素の排泄も改善され、白い肌を取り戻せます。
新陳代謝が促進されると、溜っていたメラニン色素は表皮細胞に運ばれ、角質化した肌と一緒にはげ落ちてしまうからです。
女性の両頬に現れる薄茶色の色素斑は、シミやくすみの一種で肝斑と言いますが、これは女性ホルモンの影響を受けています。
紫外線や擦ったり、たたいたりなどの刺激による炎症が原因となって発症するようですが、プラセンタは女性ホルモンのバランスを整え、皮膚御炎症を鎮め、新陳代謝も促進しますので、症状改善にも効果があります。